乳液には化粧水と美容液を肌から逃がさない役割がある

化粧水で潤いを与えた肌の水分蒸発を防ぎ、美容液で肌の栄養分を補いますが乳液には化粧水と美容液を油分で蓋をして潤いを逃がさない役割があります。
保湿力に優れている化粧水を使っていても、乾燥肌では水分が肌の奥に留めることができず時間の経過とともに肌はカサついてしまいます。
乳液を使うと肌に染み込んだ保湿成分や美容成分が肌に逃げないようにして、肌の奥で成分の効果を発揮させるためカサつきも解消することができます。
よい役割ばかりだけでなく、乳液の油分が毛穴を防いでしまうため詰まりやすくなってしまいます。
脂性肌の場合には、にきびや吹き出物が出来てしまうため使う量には注意が必要です。
にきびが出ているからと化粧水だけで乳液を使わないと、化粧水が肌から水分が蒸発してしまいます。
蒸発を防ぐために肌は過剰に皮脂を分泌させてしまうため、逆ににきびができやすくなり悪循環となってしまいます。
乳液には乾燥肌用とにきび用など種類が豊富にあります。
自分の肌に合わせて選ぶようにします。